電話番号:03-5708-5693お問い合わせメニュー


別れさせ屋|復縁屋の探偵ブログ。別れさせ屋(復縁屋)が行う様々な工作、探偵達の調査風景、普段知る事のない探偵の日々を探偵ブログにて綴ってまいります。
また探偵ブログは出来る限り毎日更新させて頂きます。是非ご覧ください。

別れさせ屋
探偵ブログ

考え方ひとつで

こんばんは!「タジ」でございます!

夏の暑さにはめっぽう強い私ですが

毎年冬の寒さには、やられっぱなしであります(笑)

現場に出て寒空の下、長時間体が動かせない時は

本当にキツイですからね〜

ホッカイロ様に日々助けられております(笑)

 

さて!

今夜は、最近友人と話した事を書いてみます。

テーマは「考え方ひとつで」です。

 

その友人とは、月に数回合う飲み仲間でして

ちょっと粗暴な所はありますが、情が厚く

憎めない所が盛り沢山にある面白い人です。

友人の説明がかなり荒っぽいですが、まあ気にせず

そのまま行きましょう(笑)

 

そんな友人と会話している中で

「彼女に贈ったブレスレットを失くされた」

「失くした事はしょうがないけど、ちょっとモヤモヤする」

誕生日か何かの記念日?に友人が彼女に贈った物の様で、

失くした事に気がついた彼女が必死に探して謝る姿を見て

怒る気にはならなかったと友人は話していました。

でも「失くして欲しくなかった」気持ちが強く、許してはいるが

まだモヤモヤした気持ちが残っている様でした。

 

そこで友人に「お守り」の話をしてみました。

まず「気持ちのこもった贈り物はお守りになる」事。

「お守りは身に付ける人を守る為にある」事。

「身に付けたお守りが壊れたり・紛失した際は

厄災をお守りが代わりに受けてくれたと考える」事。

 

贈ったブレスレットがお守りになって彼女が受ける

厄災を代わりに受けたから失くなってしまったと思えば

失くなったお守りに「モヤモヤ」するより「感謝」した方が良い。

そんな話をしてみました。

 

この話で、モヤモヤしていた気持ちがスッキリした様で

「彼女も失くした事を気にしてたから伝える」

「考えてみれば、彼女の為に贈ったものだから自分が

モヤモヤする必要はなかった」と友人は言って帰りました。

 

「人は生きてりゃ良い事も悪い事もある」

よく聞く言葉ではありますが

「幸せ」「不幸」を決めているのは

自分自身です。

考え方ひとつで「幸せ」にも「不幸」にもなります。

 

乗り越えられないと思っている「不幸」も

考え方ひとつ、行動ひとつで変わる可能性があります。

 

探偵に相談するのは抵抗があるかもしれません。

ですが、様々な人を見て様々な経験を積んできた

我々にしか出来ない事もあります。

相談だけでお悩みが解決する事もありますので

お一人で悩まずご相談して頂ければと思います。

 

タジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ